2014 03 20 1052

Googleが、コンテンツの盗用を通報するための「Scraper Report」を用意しました。コンテンツ盗用の対策の一つとなります。Google、盗用コンテンツを報告する専用フォーム Scraper Report を用意::SEM R (#SEMR)という記事になっていました。

仮に第三者が故意に他人のコンテンツを盗用して検索上位に表示させようという行為を行っても、Google はオリジナルの(最初にコンテンツを公開した、著作者の)ページを検索結果に表示しようとしている。しかし、様々な要因によりスクレイピングサイトが検索結果の上の方に表示されてしまうことが実際に発生している。

コンテンツ盗用したサイトが、自分のサイトよりも検索結果の上位に表示されている場合に「Scraper Report」から通報できるそうです。

必ずコンテンツ盗用サイトが削除されるものではないということですが、見つけたら通報しておくに越したことはないですね。

フォームからは盗用されたコンテンツ、盗用したコンテンツのURLと共に、検索結果を送信し、Googleに報告するようになっています。

コンテンツ盗用サイトが自サイトよりも検索結果の上位に表示されているのを発見したら「Scraper Report」からどうぞ。