Google map location share 8553t 1

Googleマップで、待ち合わせに便利な新機能として、現在地を共有することが可能になりました。iOSアプリからはメニューを開くと「現在地を共有」というメニューがあります。知人の現在地、Google Mapでリアルタイム表示可能に 「現在地の共有」ついにロールアウトという記事で知りました。

この機能は、自分のいる場所を他の人に共有し、共有された側がGoogleマップ上で相手のリアルタイムの現在地を確認できるというもの。これまで自分のいる場所を知らせるためには、Googleマップの座標や、近くにあるお店の住所などが必要でしたが、これからは簡単に今いる場所を共有できます。

共有相手を選んだり、共有時間を設定することができます。早速、iOS版Googleマップで試してみました。

Googleマップ「現在地を共有」を試す

アプリを起動し、メニューを開きます。

Google map location share 8553

「現在地を共有」というメニューを選択します。

Google map location share 8554

「現在地を共有」の説明が表示されます。

Google map location share 8555

どのくらいの時間で位置情報を共有するか、誰と共有するか、といった設定を行います。「ユーザーを選択」にすると、iPhoneアプリの連絡先から相手を選ぶことができます。メッセージだとメッセージアプリでの共有です。

Google map location share 8559

「その他」だと、URLでの共有となります。LINEやFacebookメッセンジャーなどのアプリでの位置情報の共有が可能になります。

一点注意があります。Googleマップアプリで「ロケーション履歴」をオンにしていないと、位置情報を共有することができません。

Google map location share 8563

位置情報を共有できない場合は、メニューから「ロケーション履歴」をオンにしましょう。

Google map location share 8564

「ロケーション履歴」をオンにすると、Googleサービスを使用していない時でも位置情報データが定期的に取得されていますので、そこだけ注意です。

グループでの待ち合わせに使えるか?

複数人のグループで待ち合わせをする際に、全員の位置情報を共有できるのか実験してみました。共有URLをLINEグループに送信してテストしたところ、ひとりひとりについて共有許可をすると、位置情報をグループで共有できるようです。

このあたりは直感的に利用できないので、位置情報を共有するだけであれば「LINE HERE」の方が簡単かと思いました。