スポンサードリンク

Googleロゴ「ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー」に

スポンサードリンク

Googleロゴ「ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー」に

2019年10月14日のGoogleロゴは「ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー」をモチーフにしたものとなっています。ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナン・プラトーはベルギーの物理学者で、泡の中で石鹸膜が形成する構造を説明するプラトーの法則を公式化しました。

スポンサードリンク

ジョゼフ・プラトー - Wikipediaによると、1801年10月14日が誕生日なので、生誕218周年を記念したロゴとなっています。

ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナン・プラトーは、初期のストロボスコープの装置であるフェナキストスコープを発明した人物でもあります。

フェナキストスコープは初期のアニメーション機器で、円板を回転させ、絵を鏡に映し、動くスリットから透かして見ることで、絵が動いているように見えるというものです。Googleロゴで表現されているのも、このフェナキストスコープですね。

ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナン・プラトーは、 1883年9月15日に81歳で亡くなりました。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ドコモ・KDDI・ソフトバンク、台風19号の影響に伴い誰でも利用できる公衆無線LANサービス「00000JAPAN」を開設中

次へ

水圧でクルマのドアが開かなくなった時にヘッドレストで窓を割る方法