スポンサードリンク

Googleロゴ「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」適当に音符を並べるとAIがまさかのバッハ調アレンジを敢行

スポンサードリンク

Googleロゴ「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」適当に音符を並べるとAIがまさかのバッハ調アレンジを敢行

2019年3月21日のGoogleロゴは「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」をモチーフにしたものとなっています。言わずと知れた18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家です。

今回のGoogleロゴが凄いのは、適当に音符を並べると、AI(人工知能)が自動でバッハ調アレンジを施してくれるのです。本当に適当に音符を並べるだけで‥‥まさかのバッハ風に!

スポンサードリンク

バッハの誕生日は1685年3月31日

バッハの誕生日は1685年3月31日なのに、なぜ3月21日のGoogleロゴになっているのだろう‥‥と思ったら、当時のユリウス暦だと1685年3月21日になるのだそう。

バッハのGoogleロゴで作曲してみる

それでは、バッハのGoogleロゴで作曲する方法をご紹介します。

Googleロゴ「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」適当に音符を並べるとAIがまさかのバッハ調アレンジを敢行

五線譜をクリックし、適当に音符を並べていくだけです。音楽の知識は全く必要ありません。

Googleロゴ「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」適当に音符を並べるとAIがまさかのバッハ調アレンジを敢行

本当に適当で大丈夫です。

もしそれすらも面倒という人は、五線譜の左にあるポストイットのようなものをクリックすると、プリセットの音楽が入力されます。

Googleロゴ「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」適当に音符を並べるとAIがまさかのバッハ調アレンジを敢行

右下のアンプをクリックすると、ロック調になります。

Googleロゴ「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」適当に音符を並べるとAIがまさかのバッハ調アレンジを敢行

「ハーモナイズ」をクリックすると、バッハが作曲した306曲を解析し、機械学習したデータから、バッハ調のハーモニーが生成されます。

これが完成した適当ミュージックのバッハ調です!

ココから聴くことができますが、本当にバッハ風になっているのが恐ろしい‥‥しかも、もう一度、鉛筆アイコンから編集に戻って「ハーモナイズ」をやり直すと、違う曲になるのです。これまた凄い。

ぜひ、バッハ調の作曲をお楽しみください!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

「煮こみ屋 富士山(西荻窪)」チューハイ2杯+串3本 or 前菜3点盛のせんべろセットがヤバイぜ!

次へ

「8番らーめん 魚津店」疲れた身体に染みる優しいラーメン【富山】