スポンサードリンク

Googleロゴ「パウル・クレー」に

スポンサードリンク

Googleロゴ「パウル・クレー」に


2018年12月18日のGoogleロゴは「パウル・クレー」をモチーフにしたものとなっています。パウル・クレーは、20世紀のスイスの画家、美術理論家です。

スポンサードリンク

パウル・クレー - Wikipediaによると、1879年12月18日が誕生日なので、生誕139周年を記念したロゴとなっています。

ワシリー・カンディンスキーらとともに「Blaue Reiter(青騎士)」グループを結成し、バウハウスでも教鞭をとったそうです。

クレーの画業において転機となったのは1914年春から夏にかけてのチュニジア(北アフリカ)旅行であった。この旅行に感銘を受けたクレーは鮮やかな色彩に目覚め、作風は一変した。「色彩は、私を永遠に捉えたのだ」という言葉が、チュニジアでの体験を端的に表す一節として日記に残されている。

スイスのベルンには、約4000点の作品を収蔵しする「ツェントルム・パウル・クレー」(パウル・クレー・センター)があります。

1940年6月29日に、ドイツからの亡命途中ピレネー山中で自殺しました。60歳でした。

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2018/12/17 16:00)飲食チェーン元カリスマ副社長が新橋で開いた居酒屋が画期的な理由

次へ

【バニラエア】2019年10月で運航終了しピーチに移管