スポンサードリンク

Googleロゴ「ジョルジュ・メリエス」に

スポンサードリンク

ジョルジュ・メリエス

2018年5月4日のGoogleロゴは「ジョルジュ・メリエス」をモチーフにしたものとなっています。ジョルジュ・メリエスはフランスの映画製作者で、様々な技術を開発し、SFXの創始者として知られます。

スポンサードリンク

今回のGoogleロゴはジョルジュ・メリエスを称えたもので、動画は360度になっており、クリックしてドラッグすることで、全方向の映像を見ることができるようになってています。

ジョルジュ・メリエス

ジョルジュ・メリエス - Wikipediaによれば、多重露光や低速度撮影、ディゾルブ、ストップモーションの原始的なものも開発したそうです。

ジョルジュ・メリエスは1861年12月8日生まれ、1938年1月21日に76歳で死去しました。代表的な映画作品は1902年の「月世界旅行」と1904年の「不可能を通る旅」です。

ジョルジュ メリエスを称えてで解説されていますが、今回のGoogleロゴは「Google スポットライト ストーリー、Google Arts & Culture、シネマテーク フランセーズの各チームが力を結集し、世界初の仮想現実(VR) / 360° インタラクティブ Doodle」を制作したそうです。

なぜ5月3日よりジョルジュ・メリエスのGoogleロゴが公開されたかというと、最高傑作の1つ「À la conquête du pôle(The Conquest of the Pole、極地征服、1912 年)」の封切日に合わせたのだとか。

技術の解説もされているので、ジョルジュ メリエスを称えては必見です!

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2018/05/02 17:00)なぜ一度もサラリーマン編集者になることなく、仕事を続けたか

次へ

イチロー、ベンチ入りメンバーを外れマリナーズのフロント入りし会長付特別補佐に就任