スポンサードリンク

Googleロゴ「ウィリアム パーキン」に(化学者)

スポンサードリンク

2018 03 12 0815

2018年3月12日のGoogleロゴは「ウィリアム パーキン」をモチーフにしたものとなっています。ウィリアム・パーキンはイギリスの化学者です。1838年3月12日が誕生日なので、生誕180周年を記念したロゴとなっています。

スポンサードリンク

ウィリアム・パーキン - Wikipediaによると、18歳で発見したアニリン染料やモーブ染料の発明者として広く知られているということです。18歳の時に取得した特許により、富豪になったということです。

ウィリアム・パーキンは後年においても有機化学において活発な研究を継続した。彼が発見し、商品化した合成染料にはBritannia Violet やPerkin's Greenなどがある。後に彼は、合成香料でケイ皮酸からクマリン合成法を発見した。その反応は後にパーキン反応として知られることになる。

パーキンメダルというメダルが1906年に創立され、これはアメリカ工業化学の最高の賞として知られています。

ウィリアム・パーキンは1907年に69歳で死去しました。

スポンサードリンク

前へ

ほのかな苦味が漂うほうじ茶をラテにした「ほうじ茶ラテ」

次へ

【Googleマップ】経路案内でマリオカートが登場