2018 01 11 0939

2018年1月11日のGoogleロゴは「アラン ペイトン」をモチーフにしたものとなっています。アラン・ペイトンは南アフリカのイギリス系の作家・政治家で、アパルトヘイト政策反対を最初から訴えていた白人でした。1903年1月11日生まれなので、生誕115周年を記念したロゴとなっています。

アラン・ペイトン - Wikipediaによると南アフリカのピーターマリッツバーグに生まれ、黒人の少年院の院長をしていたこともあり、人種差別や人権侵害と生涯戦った人物だということです。「叫べ、愛する国よ」は映画化もされました。1988年4月12日に85歳で亡くなりました。

「Cry, the Beloved Country(叫べ、愛する国よ)」の予告編です。

1995年に映画化されました。邦題は「輝きの大地」です。