2015 02 03 1136

2015年2月3日のGoogleロゴは「節分」をモチーフにしたものになっています。最近では恵方巻きを食べる日としても話題になりますね。

節分 - Wikipediaによると「雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと」だそうです。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。

節分といえば2月3日だと思っていますが「これは1985年から2024年ごろまでに限ったことであり、常にそうではない」そうです。1984年までは「4年に1度の閏年に2月4日だった」って、そうでしたっけ!?

恵方巻きがいつから広まったかというと、1998年が全国発売の起源だそうです。セブンイレブンが仕掛けました。という話は、昨今の「恵方巻」ブームの仕掛け人はセブンイレブンの野田靜眞さんで広島発だった!でどうぞ!