2012 10 10 1501

2012年10月7日のGoogleロゴが「ニールス ボーア」をモチーフにしたものになっていました。

ニールス・ボーア - Wikipediaによると「量子論の育ての親」だそうです。

量子論の育ての親として、前期量子論の展開を指導、量子力学の確立に大いに貢献した。

なるほど、量子力学的なロゴになっていた訳ですね。

「量子力学分野の確立において、相対性理論の確立者であるアインシュタインと双璧を成す」と称されるほどの人物だそうです。

ニールス・ボーア論文集〈1〉因果性と相補性 (岩波文庫)

4003394011

ニールス・ボーアの時代1――物理学・哲学・国家

4622073374