2012 07 17 1251

2012年7月14日のGoogleロゴが「グスタフ・クリムト(Klimt)」をモチーフにしたものになっていました。

グスタフ・クリムト - Wikipediaによると「帝政オーストリアの画家」だそうです。

女性の裸体、妊婦、セックスなど、赤裸々で官能的なテーマを描くクリムトの作品は、甘美で妖艶なエロスと同時に、常に死の香りが感じられる(若い娘の遺体を描いた作品もある)。また、「ファム・ファタル」(宿命の女)というのも多用されたテーマである。『接吻』に代表される、いわゆる「黄金の時代」の作品には金箔が多用され、絢爛な雰囲気を醸し出している。(琳派の影響も指摘される)

1862年7月14日が誕生日で、それを記念したGoogleロゴとなっていました。

亡くなったのが、1918年2月6日でした。

もっと知りたいクリムト生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

4808708108

クリムトの世界

4404041276

クリムト (新潮美術文庫 37)

4106014378