2011-07-12_1522.png

Googleロゴが「聖ワシリイ大聖堂」をモチーフにしたものになっていました。

聖ワシリイ大聖堂 - Wikipediaによると、聖ワシリイ大聖堂は「モスクワの赤の広場に立つロシア正教会の大聖堂」だそうです。

1551年から1560年にかけて、イヴァン4世(雷帝)が、カザン・ハーンを捕虜とし勝利したことを記念して建立した。ロシアの聖堂でもっとも美しい建物のひとつと言われる。1990年にユネスコの世界遺産に登録された。

世界遺産でもあるのですね。また、テトリスでは背景画像に使われたりしているそうです。

総設備が1555年ということで、建立450周年を記念したGoogleロゴとなっています。

次のような、ちょっと怖いエピソードも。

だがそのあまりの美しさゆえか、完成後イヴァン4世はこれより美しい建造物が建てられることを恐れ、設計者ポスニク・ヤーコブレフを失明させたという。

ただし、史実ではなく伝説のようですが。

3D立体パズル 聖ワシリイ大聖堂 BIGサイズ

B0053EB7IW

ロシア皇帝アレクサンドル一世の時代―たたかう人々

484600841X