Googleロゴが「missing link found」をモチーフにしたものに変わっていました。

2009-05-22_1158.png

人類とサルの共通祖先か、4700万年前の化石公開というニュースがあったばかりなのですが、それをモチーフにしたGoogleロゴが登場していました。

化石の動物は猫と同じ程度の全長60センチ前後で、霊長類の系統が分かれる以前に生息していたとみられる。学名は今年で生誕200年を迎える進化論の父ダーウィンにちなんで「Darwinius masillae」。同博物館の研究者は記者会見で、人類の埋葬以前の時期では最も完璧な化石だと語った。

記念日的なものがモチーフとして選ばれているのだと思っていたのですが、こんなタイムリーなものもあるのですね。