スポンサードリンク

「Google Nest Hub」Googleの7インチスマートディスプレイが日本で発売

スポンサードリンク

「Google Nest Hub」Googleの7インチスマートディスプレイが日本で発売


Googleの7インチスマートディスプレイ「Google Nest Hub(旧Google Home Hub)」が、2019年6月12日より日本で発売開始されます。価格は15,120円(税込)。

スポンサードリンク

GoogleアシスタントとChromecastを内蔵しています。スマートスピーカーとして使いつつ、YouTubeやHuluなども利用可能となっています。

「Google Nest Hub」を購入すると、YouTube Premiumを3ヶ月無料で利用可能となります。

ただしカメラは搭載しないとということで、ビデオ通話のようなことはできません。

Googleのスマートディスプレイ「Nest Hub」12日発売。YouTubeや家電制御によると次のようなことも可能に。

ルーティン機能も備え、例えば朝に「OK Google,おはよう」と声を掛けると、ユーザーにパーソナライズされたGoogleカレンダーの予定、通勤ルートの交通情報、リマインダーや天気などを確認できる。

なかなか魅力的な機能ですね。

スマートスピーカー、スマートディスプレイの分野ではGoogleとAmazonがしのぎを削っており、先日も「Echo Show 5」が発表されたばかり。

ぼくはAmazonプライム会員なので、とりあえず「Echo Show 5」を予約しています。

関連記事

スマートディスプレイ「Google Nest Hub」は価格1万5120円で6月12日発売 | TechCrunch Japan

ウェザーニュースや日経電子版、テレ朝ニュースなどのニュースサービス、Google Play MusicやSpotify、dヒッツなどの音楽サービス、YouTubeやHulu、U-NEXTなどの動画サービスもサポートする。ラジコを利用したラジオ放送も楽しめる。

Googleのスマート液晶Nest Hub日本上陸、1万円台半ばで12日発売 - Engadget 日本版

フォトフレームとして使えるのもディスプレイを搭載する利点の1つ。Googleフォトと連携しており、事前に表示したい人物やペットを指定すれば、自動でアルバムを作成しスライドショーとして表示します。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【メルカリ】ターポリン素材で繰り返し利用可能な「メルカリエコパック」を開発

次へ

ネタリスト(2019/06/06 08:00)iOS 13で写真アプリが大改良、目当ての写真がさらに見つけやすく