スポンサードリンク

Googleドライブ有料版が「Google One」に改称

スポンサードリンク

Google One

GoogleのクラウドストレージサービスであるGoogleドライブの有料版が「Google One」に改称することが発表されました。「Googleドライブ」有料版が「Google One」に ファミリー共有もという記事になっています。

米Googleは5月14日(現地時間)、クラウドストレージサービス「Googleドライブ」の有料版の名称を「Google One」とし、幾つかのオプションサービスを追加すると発表した。

スポンサードリンク

Googleドライブの無料版は15GBのまま、名称も変わらずです。

有料版のGoogleドライブは自動的に「Google One」に切り替わり、月額9.99ドルの1TBプランは2TBになり、新たに2.99ドルの200GBプランが追加されるそうです。

新しいGoogle One、ストレージ半額でサポートも充実――2TBが月10ドル、24時間年中無休ヘルプなどによると「あらゆるGoogleサービスからワンタップでGoogle Expertsにアクセスして援助を受けることができる」というのも魅力のようです。

Google Expertsを担当するのは人間の専門家で、生半可やAIチャットボットなどではない。Expertsサービスは24時間年中無休、月額1.99ドルで100GBという入門編のプランでも利用可能だ。

メールでも電話でも問い合わせができるそうです。これ、何気にすごい機能ですね。

スポンサードリンク

前へ

Amazon、JBLのBluetoothスピーカー「GO2」予約受付開始

次へ

ネタリスト(2018/05/16 11:00)Twitter「行動シグナル」による“荒らし”ツイート表示低下へ