Kimijimaya 5264

銀座あたりでサクッと0次会で立ち呑みできる場所はあるかしら‥‥と探して見つけたのが、角打ちの「銀座君嶋屋」です。まさかの銀座で角打ちです。しかも、なかなかオシャレな雰囲気。ソリストのサラリーマンや、女性2人組など、主に仕事帰りの人が軽く一杯呑んでいるという雰囲気でした。「銀座君嶋屋」の住所は銀座1丁目で、首都高の下にあります。

銀座で立ち呑み・角打ち

店頭には日本酒やワインが並んでいます。角打ちというと、イメージとしては缶ビールまたは日本酒、もしくは缶チューハイなのですが「銀座君嶋屋」はワインを頂けるのが特徴です。しかも、種類も豊富です。レジの上には日本酒やワインのお酒の銘柄が書かれているので、まずはそこから選ぶと良いでしょう。

Kimijimaya 5270

軽食のメニューもなかなか充実しており、これはきっとワインが進むだろうな、というラインナップです。エゾ鹿のサラミ、イタリア産生ハム、合鴨のスライス、チーズ盛り合わせ、チーズの味噌漬けなど、完全に気分はワインモードになります。

Kimijimaya 5265

飲み物のメニュー写真を撮れなかったのでおぼろげな記憶ですが、赤ワインは北海道だったかなの800円、ロゼのスパークリングも同じくらいの価格帯だったと思います。

Kimijimaya 5266

ワインということで、合鴨のスライスをアテに頼んでみました。明るいうちから銀座でワインで角打ちというのも、なかなか乙です。外を仕事帰りのサラリーマンたちが通り過ぎていきます。ここにこんな良いところがありますよ。

Kimijimaya 5268

軽めにもう1杯。小瓶に入ったビールかと思いきや、なんと白ワインでした。これまたオシャレです。京都の丹波ワインというワイナリーのもので、発泡感があってとても美味しいものでした。

Kimijimaya 5269

銀座で角打ち・立ち呑みというと「検校(けんぎょう)」もありますが、あちらは3丁目ですので、次に移動する場所によって使い分けると良いでしょう。もしくは「検校」は日本酒で「銀座君嶋屋」はワインがありますので、呑みたい目的別でも良いですね!

ごちそうさま!!!!!

「君嶋屋(銀座)」の行き方・アクセス

「君嶋屋」は銀座だけでなく恵比寿、横浜にもあります。

>>横浜君嶋屋店舗案内

住所:東京都中央区銀座1丁目2-1 紺屋ビル1F