2015 03 17 1717

任天堂とDeNAが資本・業務提携を発表しました。任天堂IPを活用したスマホアプリをリリースする予定ということです。任天堂とDeNA、資本・業務提携 任天堂IP活用のスマホ向けゲームアプリを共同開発へという記事になっています。

任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)は3月17日、業務・資本提携することで合意した。任天堂IP(知的財産:ソフトやキャラクター)を活用したスマートデバイス向けゲームアプリを共同開発・運営するほか、多様なデバイスに対応した会員制サービスを今秋の開始を目指して共同開発する。

現在、記者会見も継続中で、提携に関する発表は継続していますが、ついに任天堂のキャラクターたちが登場する、スマートフォン向けゲームアプリが登場するということになります。

任天堂としては、ネットでゲームを配信・運営するノウハウを期待し、DeNAをパートナーとして選んだようです。このタイミングで良かったのか、パートナーはDeNAで良かったのか、このニュースを見ている人は様々な感情を抱いているかもしれません。

両社はスマートフォン/タブレットのほか、PCなど多様なデバイスに対応した新基幹システムを構築し、会員制サービスを今秋の開始を目指して共同開発する。任天堂は会員制サービス「クラブニンテンドー」を終了し、新サービスを今秋に開始すると予告していた。

「クラブニンテンドー」が終了したのも、この布石だったのですね。なお、任天堂とDeNAは、それぞれお互いに220億円の第三者割当増資をするとしています。

2015 03 17 1717 1

任天堂は決してゲーム専用機の情熱を失った訳ではないとして、開発コード名を「NX」とする、ゲーム専用機プラットフォームを開発していることも発表しました。