ポッドキャスティングの録音にあたり、いろいろなスタイルがあると思います。例えば身近なところでは、みたいもんのいしたにさんはICレコーダー、モダシンさんはノートPC + マイクを持ち歩いています。

シックスアパートのユーザギャザリングでもいしたにさんとモダシンさんはポッドキャスティングを録音していました。実はぼくもPowerBook + iSightは持参していたのです。ただやはり場所を取るのとセットアップが面倒で出せませんでした。

モダシンさんは「iTalkがどっかいっちまいやがってよ〜、あんな小さいのみつけらんね〜よ」とぼやきつつも、いつもノートPCを持ち歩いていて本当に偉いと思います。

ぼくもガジェットキャストを始めたのはいいのですが、自宅録音と飲み会録音を一度ずつ放送したきりで後が続きません。どうも思ったのですが、深夜に自宅にPCに向かいながら、iChatでトークするというのには限界がある気がします。

テンションが上がらないのです。

テンションをどこまであげる必要があるのか、という問題もありますが、自分的には勢いが非常に大事で、パーティー会場のようなところでいろいろな人にインタビューしながら歩けたりしたら最高な訳です。

ユーザギャザリングの会場では久しぶりにminamiさんとお会いして「LUMIXの一眼レフどうですか」なんて話もしました。Log the Endless Worldのmitaraiさんとも5年ぶりくらいにお会いして、それぞれのW-ZERO3を見せ合いっこなんてしました。

ああ!

その話の内容を録音しておけば良かった!

それがまさにガジェットキャスト!

ということで、このままPowerBook + iSightな環境だと、ことごとくチャンスを逃していく気がして、なんとか現状を打破したいと思い至ったのがいしたにさんのICレコーダースタイルです。

本音を言えばiPod + iTalkにしたいのですが、新しいiPodがいつ登場するか分からないし、iTalkも第五世代に対応していないしモノラル録音らしいしということで、ここはいっちょICレコーダーなのかな、という気がしてきました。

そこでさっくりと検索してみたところ、下記のような記事がずらずらと。

インタビューに最適な「ICR-S290RM」
ICレコーダ
■ Let's MAC ■ / システム / SANYO ICR-B80RM
録音のためのハードウエア

どうも調べていると、MP3形式で録音できるSANYO製のICレコーダーがMacとは相性が良さそうなのです。

Amazonで調べてみると、現在購入できる機種がいくつかに絞られます。その中で、あまり価格が高過ぎてiPodが購入できるくらいになってしまうと、それはそれでグラグラと悩みの種が増えてしまうので、とりあえず1〜2万円程度の範囲で検討すると、こんな機種が。

SANYO DIPLY TALK(ディプリトーク) ICR-S250RM(S) ステレオデジタルボイスレコーダー(シルバー)

SANYO DIPLY TALK(ディプリトーク) ICR-S250RM(S) ステレオデジタルボイスレコーダー(シルバー)

うん、これだったら、なかなかスタイリッシュで良いんでないの? 価格も15,000円と狙い通り。

・USB2.0で接続しUSBデバイスとして認識
・内蔵フラッシュメモリ128MB
・アルカリ電池1本で約18時間録音
・ステレオマイク内蔵
・270度回転可能なUSB端子
・USB端子一体型

USBケーブルを接続したり、MP3なのでなんやかやの変換が必要なかったりで、これは良さそうに思えてきました。手間がかからないの大事です。

ということで、これを第一候補に、もう少しICレコーダー選びをしてみたいと思います。もし詳しい方がいたら、是非アドバイスお願いします。