スポンサードリンク

スマホを介さずに500mの距離でグループトークができるソニーのウェアラブルデバイス「NYSNO-100」

スポンサードリンク

スマホを介さずに500mの距離でグループトークができるソニーのウェアラブルデバイス「NYSNO-100」

ソニー、スマホ介さず500m離れた仲間と会話できるウェアラブルギアという記事で知ったのですが、このBluetoothを利用してグループトークができる「NYSNO-100」というのは興味深いですね!

ソニー独自の「グループトーク」機能を搭載しており、あらかじめ互いに登録したNYSNO-100を装着した者同士が、2者間通信で、最長約500mの範囲で同時会話を楽しめる。最大3名までの会話が可能。

スポンサードリンク

クラウドファンディングで出資の募集を開始しているのですが、目標額は56,100,000円で、現在は4,876,000円が集まっています(達成率は8%)。残り30日で目標金額を達成すればプロジェクト成立となります。

次のような特徴があります。

・約500mのBluetooth通信
・3人のグループトーク
・ハンズフリー
・海水にも対応した防水性能
・左右どちらの耳にも装着可能

100人限定の早期割引だと1台14,000円です。同じくペアプラン早期割引だと2台で27,500円、トリオだと41,000円となっています。

一般的なシングルプランは14,500円、ペアプラン28,500円、トリオプランは42,500円です。

スポーツでは大活躍してくれそうなアイテムです。特に“教える”ということは、すごくやりやすくなりそうです。あとはサバイバルゲームなどでも使えそうですね。

Bluetoothで500mもの通信ができることは初めて知ったのですが、Bluetooth Power Class 1という規格がそれでした。

ちなみにBluetoothのトランシーバーとしてだと、最大6人通話、通話距離1,200mで1台5,980円という製品もありました。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【iOS 12】重要なセキュリティおよび安定性のための「iOS 12.4.1 ソフトウェアアップデート」リリース

次へ

ネタリスト(2019/08/27 09:00)「ビジホの朝食バイキング」を極めた達人が教える、出張&旅行で一度は泊まってみたい全国のビジネスホテル