スポンサードリンク

被写体の追従撮影やタイムラプス撮影が可能なスマホ台「Pivo」

スポンサードリンク

被写体の追従撮影やタイムラプス撮影が可能なスマホ台「Pivo」

Kickstarterで投資を募っていた「Pivo」がなかなか面白い。アプリと組み合わせることで、被写体の追従撮影やタイムラプス撮影が可能です。YouTuberとか、ネットでライブストリーミングをしている人が使ったら面白いかな?

スポンサードリンク

「Pivo」が回転するので、パノラマ撮影だって可能。写真と動画を合成し、シネマグラフィックのようなGIFアニメも手軽に作れるみたいです。79ドルの出資で「Pivo」が1台。

2019年3月に出荷予定です。

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2018/11/28 13:00)なぜ歯科医は「親知らず」の抜歯を勧めるのか

次へ

【動画】AIがスポーツを全自動で撮影したり編集してくれる時代