スポンサードリンク

ドン・キホーテ、ウェアラブル端末「アクティブギア ライフロガー」発売へ(3,980円/2,980円)

スポンサードリンク

ドン・キホーテ、ウェアラブル端末「アクティブギア ライフロガー」発売へ(3,980円/2,980円)

ドン・キホーテが、スマートブレスレットタイプのウェアラブル端末「アクティブギア ライフロガー」を2018年9月21日より発売することを発表しています。心拍センサー付きが3,980円、心拍センサーなしが2,980円です。

スポンサードリンク

「アクティブギア ライフロガー」は、スマートフォンに受信が入った際に端末へ知らせるメッセージ通知、着信通知・切断、振動アラームによる目覚まし時計などの機能に加え、専用アプリと連動することで、1日の歩数や消費カロリー、スポーツ別の運動量、心拍数による睡眠の長さや質を蓄積することができ、健康とトレーニングをサポートします。

この手の機能はAmazonでも入手できる格安のスマートブレスレットと全く同じ機能です。どれも中身は同じなのではないかと思うほどに。

バッテリーの消耗は早くなりますが、心拍センサー付きがあるので、健康を意識する人は間違いなくこちらのモデルがオススメでしょう。

本体:約49×19×10(mm)
ベルト:約252(mm)
重さ:約18g 約17.8g
タッチパネル:0.93インチディスプレイ・有機OLED・静電式
電源:内蔵リチウムイオン電池 75mAh
充電方式:本体USB端子 TypeA 5V/1A(ベルト内にはめ込む)
通信方式:Bluetooth 4.0 有効距離:10~15m
防水:(IPX7)
防塵:(IP6X)
動作温度:約マイナス 10~50℃
対応スマートフォン:iOS8.0 以上/ Android4.4 以上、Bluetooth4.0 以上

恐らく最近、購入して使っているスマートブレスレットとほぼ同じではないかと思います。2週間ほど使っていますが、

・意外にバッテリーの持ちが良い(3〜4日くらい)
・LINEの通知が分かる
・装着していても違和感がない
・思っていたより睡眠時間が短かい
・平常の心拍数がわかった

といった感想になっています。

もちろんもっと高価なスマートウォッチもありますが、時計の形状だと寝る時に外したくなるので、個人的にはウェアラブルでつけ続けるにはブレスレットタイプが良いと思っています。

ファーストインプレッションは2,500円のスマートブレスレット体験記!便利なのはやはりプッシュ通知とフィットネス管理をご覧ください。

スポンサードリンク

前へ

【iOS 12】アプリのクラッシュなど様々な不具合が報告されているらしい

次へ

【Kindleセール】期間限定無料「佐藤漫画製作所&電書バトキャンペーン」やれたかも委員会、特攻の島、殺し屋1など(10/14まで)