スポンサードリンク

「SPINBOX(スピンボックス)」自分でDIYするポータブルレコードプレーヤーキット

スポンサードリンク

ポータブルレコードプレーヤー「SPINBOX(スピンボックス)」

アナログレコード人気が再燃しているといいますが、こんなレコードプレーヤーはいかがでしょうか?

自分でDIYで組み立てるポータブルレコードプレーヤー「SPINBOX(スピンボックス)」が、2018年5月下旬より発売開始となります。価格は15,000円です。

スポンサードリンク

「SPINBOX(スピンボックス)」はどんな製品?

「SPINBOX(スピンボックス)」は世界初の自分で組み立てるポータブルレコードプレーヤーです。

ポータブルレコードプレーヤー「SPINBOX(スピンボックス)」

パッケージに含まれるターンテーブル・モジュール、サウンド回路、電源回路、アンプ、スピーカーなどを組み立てて配線するだけで、スピーカー内蔵のポータブル・レコードプレーヤーが出来上がります。

ポータブルレコードプレーヤー「SPINBOX(スピンボックス)」

特別な機材やパーツを追加購入する必要はありません。あくまでもパッケージだけでポータブルレコードプレーヤーが完成。

ポータブルレコードプレーヤー「SPINBOX(スピンボックス)」

組み立ては5ステップ、約20分で完成です。

モバイルバッテリーで駆動!

外装は耐水性の紙素材を採用しています。動作はUSB電源(micro USB)なので、モバイルバッテリーでも動かすことができます。

ポータブルレコードプレーヤー「SPINBOX(スピンボックス)」

スピーカーも内蔵しているので、アウトドアやパーティーなど場所を問わずどこでもアナログレコードが楽しめます。

カラーバリエーションは4色

ポータブルレコードプレーヤー「SPINBOX(スピンボックス)」

カラーバリエーションはブラック、キャラメル、マーブル、キャンバスの4色。33、45、78回転に対応、7インチ、10インチ、12インチのレコード盤を再生可能。

外部音楽プレーヤーを接続して「SPINBOX」のスピーカーで鳴らせる外部入力端子を装備。ライン出力/ヘッドホン端子(共用)を装備、外部スピーカーで再生することも可能。

「SPINBOX」製品概要

製品名:SPINBOX(スピンボックス)
発売日:2018年5月下旬
価格:15,000円(税抜)
本体サイズ:321 x 283 x 101mm(W x D x H・突起物含む)
重量:約1.2kg
回転数:33 1/3、45、78
音声端子:ライン入力(ステレオミニ端子)、ライン出力・ヘッドホン共用端子(ステレオミニ端子)
電源:5V USB(micro USB端子)
カートリッジ・タイプ:セラミック型
カラーバリエーション:ブラック(SBX-B)キャラメル(SBX-C)マーブル(SBX-M)キャンバス(SBX-W)

「SPINBOX」どこで購入できる?

取扱店舗はコチラから確認することができます。主に島村楽器が多いです。

オンラインストアから購入することもできます(予約受付中)。

少し高いですが(16,200円)、Amazonでも出品されていました。もともとKickstarterで投資を集めていた製品です。

スポンサードリンク

前へ

Apple、13インチMacBook Pro(Touch Bar非搭載)のバッテリー交換プログラムを発表

次へ

【Kindleセール】40%ポイント還元「日本経済新聞出版社キャンペーン」(4/26まで)