POWER PACKER 7836 1

USBケーブルやMacBookのACアダプターなど、旅行に出る際にはガジェット類がそれなりの荷物になります。どこに何を入れたか分からなくなることもしばしば。でももう、そんな苦労ともおさらばです。旅でガジェット類を収納するのに最適な「POWER PACKER(パワーパッカー)」を知ってしまいましたからね!

ということで、Makuakeで支援を募集している「POWER PACKER」のサンプルを一つ頂いて、鹿児島、札幌と立て続けの旅で実際に試してきました。コンパクトな中に3層の構造を持っており、ケーブル類などが散らかることなく収納可能です。しかも「かわるビジネスリュック」にもジャストサイズだったのですよ!

それでは「POWER PACKER(パワーパッカー)」の使い勝手を解説します。

POWER PACKER 7835

これが本体です。素材はポリエステルとポリウレタンで、伸縮して収納するものの形状にマッチしてくれます。サイズは26x9x4cmです。

POWER PACKER 7836

こちらが一層。挟み込んで収納する場所や、メッシュの収納スペースがあります。

POWER PACKER 7837

こちらが二層。本体の中央部分に位置します。

POWER PACKER 7838

三層は大きめのものをごっそりと入れられるスペースになっています。他の場所には収まらないサイズのものを入れられますが、ぼくはMacBookのACアダプターや、USBコンセントなどを入れました。

POWER PACKER 7839

横から見たところです。それぞれを開いているとかなりかさばりそうですが、ファスナーをしめるとぴっちりと収まりコンパクトになります。伸縮素材なので、多少のかさばりなら包み込んでしまうところも良いです。

POWER PACKER 7840

本体上部には持ち手があります。

POWER PACKER 7841

普段はカバンの中に入れておき、持ち手でサッと引き出すのも良さそうです。

POWER PACKER 7842

中身が全て見えるように出してみたところですが、けっこう大きなのものが入っていることが分かると思います。これまでだとMacBookのACアダプターは裸でリュックの中に入れていたので、それがまとまるだけでもありがたい気分です。

外出や旅で必要なものが全てまとめられるので、これだけ入れ替えればリュックかからバッグから対応できるのと、パッと開いて中身の視認性が高いのもメリットです。カフェで作業する際も「POWER PACKER(パワーパッカー)」をサッと取り出し、デスクに置いても違和感はありません。

外出時のガジェット類をひとまとめにしたいという人には最適の製品だと思います。

「かわるビジネスリュック」との相性

そして特筆すべきは「かわるビジネスリュック」との相性です。専用で開発されたのではないかというくらいにピッタリ。

POWER PACKER 8103

この横幅のピッタリ感たら!

旅で使った感触としては、一番下に置くと安定すると感じました。もちろんコアポケットに入れて取り出ししやすくするというのもありでしょう。

今ならMakuakeで5,380円コースで入手可能です。旅のパッケージングに興味のある人は、ぜひチェックしてみてください!