2017 05 12 1133

ハル研究所が、1970~80年代の家庭用コンピュータを再現する「PasocomMini(パソコンミニ)」というシリーズを開始しています。1979年のシャープ製コンピュータ「MZ-80C」が1/4サイズで復活 中身はRaspberry Pi、実機の挙動も再現という記事で知りました。

パソコンミニ版のディスプレイやカセットテープレコーダーは飾りですが、カセットテープのミニチュアを出し入れできる仕掛けを搭載。電源および入力機器用のmicroUSBポートと映像出力用のHDMIを備え、好みのキーボードとディスプレイを接続することでコンピュータとして使用できます。

シリーズということなので「MZ-80C」は第一弾なのでしょうね。

PasocomMini」をチェックすると、価格は19,800円で2017年6月1日より予約受付となっています。発売予定は2017年10月中旬です。

SmileBASICでのプログラミング、MZ-80Emulatorで当時のマシン語プログラムの動作、当時の人気ゲームソフトも同梱されるなどしているそうです。

2017 05 12 1149

中に入っているのは「Raspberry Pi」とのことで、HDMI出力で外部モニターを接続したり、microUSBでキーボードを接続するといったことも可能です。ソフトはMicroSDで供給されます。

販売はBEEP秋葉原が行うとのことですが、これはやっぱり雑誌BEEPに何か繋がっていたりするんですかねぇ。

ぼくが初めて購入したパソコンはPC-6601でした。PC-6000シリーズが登場したら‥‥ゴクリ。