Prw OI1fl XCj811Ei

ブロガー向けのネタが送られているニュースレター「iWire」の第23号が送られてきました。タイトルは「発売から1年あまり、日本での売り上げも好調?! Boseのノイズキャンセリング・ヘッドホンQC20とは?」です。発売から1年が経過してもなお、日本でBoseのノイズキャンセリング・ヘッドホンの売り上げが好調だという話題です。

ノイズキャンセリングの仕組みは、音に反対向きの音をかぶせると音が消える‥‥というものです。ヘッドホンして音楽を聴いていれば周囲の音は気にならない気もしますが、さらにノイズキャンセリングをする機能が日本でも受け入れられているようです。

ちなみに、こちらが日本で継続的に売れている「QC20」という、ノイズキャンセリング・ヘッドホンです。

【国内正規流通品】BOSE QuietComfort20 ノイズキャンセリング・ヘッドホン(インイヤータイプ)

B00DUBHAYU

価格も3万円を超えていて、決して安い商品ではありません。しかし、日本ではノイズキャンセリング・ヘッドホンの人気がある、と。

ニューズレターでは「坊主に親しみがあるからでは!?」という、ある意味ではトンデモな考察もされているのですが、一つには通勤時間を静かに過ごしたい、というものがあるのかもしれません。もしかすると、音楽は流さずに、ノイズキャンセリング機能だけを使っている、という人もいるのかも!?

ノイズキャンセリングした上で聴いた方が、音楽のクオリティも高くなるのでしょうかねぇ。色々と気になりますが、このノイズキャンセリング機能を試してみたい方は、Boseの直営店に行くとお試しすることができるそうです。

ぼくはどちらかというとインナーイヤータイプよりは耳にかぶせてしまう方が好きなのですが、持ち運びを考えると、やっぱりインナーイヤータイプということになるのでしょうかねぇ。

【国内正規流通品】Bose QuietComfort25 ノイズキャンセリング・ヘッドホン(アラウンドイヤータイプ) ブラック

B00N2OJ9VC

インフルエンサーワイヤー

iWireとの関係について

インフルエンサーワイヤー(iWire)事務局から委託を受け外部編集委員をつとめています。ブロガーの立場から、ニューズレターの編集やサービスについてアドバイスしています。