2013 02 07 1325

お湯を沸かして発電し、USB経由でスマートフォンなどのガジェットを充電できる「Power Pot」というユニークな製品がありました!

お湯を沸かして発電するので、バックパッカーなどのアウトドアはもちろんのこと、緊急時や発電設備のない発展途上国でも役に立ちます。

ガスバーナーだけでなく、キャンプファイヤー、BBQ、ストーブなど熱源はなんでもOKで、お湯を沸かせればいいみたいです。

熱源は熱いお湯でも良いみたいです。面白いな〜。

使い方はこんな感じです。

2013 02 07 1327

「Power Pot」に水を入れます。

2013 02 07 1327 1

ケーブルを「Power Pot」に接続します。

2013 02 07 1328

裏側が肝みたいですね。

2013 02 07 1329

お湯を沸かせば発電!

アウトドアでは、食事用にお湯を沸かしながらスマートフォンを充電する、なんて使い方が便利そうですね。GPS機能が使えなくなる心配もないです。

ちなみに、どうしてお湯を沸かして発電できるのか、という話は「How The PowerPot Works | The PowerPot」に書かれているのですが「thermoelectric effect(熱電効果)」という原理を利用しているそうです。

2013 02 07 1341

価格は149ドルです。円安になる前に購入しておいた方が良いカモ!?

もともとは、Kickstarterでクラウドファンディングされた製品とのことです。

ネタフルでは他にも水で発電、焚き火で発電、自転車で発電といったガジェットを紹介しています。

水で発電してiPhoneが充電できるポータブル充電器「PowerTrekk(パワートレック)」

焚き火でiPhoneを充電する「BioLite CampStove」

自転車用USB発電機「BikeCharge Dynamo」

(via 100SHIKI