2011 11 29 1425

あるモノが特定の状態になったらツイートしたりメールしてくれる‥‥「Twine」というプロジェクトがKickstartにありました。

2011 11 29 1429

この四角い箱のようなモノが本体です。これが様々なセンサーになっています。

2011 11 29 1425 2

振動センサー。洗濯機が止まったら分かります。

2011 11 29 1425 1

温度センサー。冷蔵庫が開き放しになっていたら分かります。

2011 11 29 1426

水分センサー。濡れたら分かります。

2011 11 29 1426 1

マグネットスイッチ。

2011 11 29 1426 2

アナログ/デジタルによるインプット。

などなど、様々な状態を感知してくれます。

そして、感知すると‥‥

2011 11 29 1426 3

SMS送信。

2011 11 29 1427

ツイッターでツイート。

2011 11 29 1427 1

メール送信。

2011 11 29 1427 2

HTTP。

といったアウトプットが可能になります。

つまり、

・洗濯が終了したらメールする
・雨が降り出したらSMSする

みたいなことが可能になる訳ですよ!

2011 11 29 1427 3

プログラミングはウェブアプリから行ないます。

2011 11 29 1435

プログラミングといっても、さほど難しくはなさそうですよ。

ついに「物」がインターネットアカウントを持ってコミュニケーションする–Twineはその前兆によると、

Twineの単純なデザインはSquareに似ているが、これと’Spool’というWebアプリを併用することにより、ユーザは内蔵のセンサーを自然言語でプログラミングする。たとえば、さきほどの洗濯機の例なら、”When: accelerometer is at rest, Then: Tweet”*、となるだろう。〔*: When: 加速度計が停止したら、Then: ツイートせよ〕

というものだそうです。

ベーシックバージョンで内蔵しているのは温度センサーと加速度計で、オプションとして外付けのドアの磁力スイッチ、湿度センサー、ユーザがそのほかのセンサーを自由に付加するための専用ボードが使えます。

ちょっと夢があった楽しいですよねー!

■関連記事

動画:モノにツイートさせるセンサー TWINE 予約受付中 -- Engadget Japanese

プロジェクトはほぼ最終に近い試作品が完成したため Kickstarter で量産に向けた出資を募集中。99ドル以上ならTWINEひとつの予約と発送も兼ねる形式ですが、掲載されてまもなく目標の3万5000ドルをあっさり超えてしまったため、現在は単なる予約販売のような状態になっています。