Lyko 7789

ラジコンヘリコプター「ID1-SWAT」IgarashiDesignが空を飛ぶ!!という記事を書いた、ラジコンヘリの「ID1-SWAT」ですが、久しぶりのフライト&体験レポートです!

やはり子供がそばにいると危険なのですよね。かといって、家にいれば興味があるので絶対に見にきますし。

ということで、ようやく細君の実家に子供たちが遊びに行ったところを見計らい「ID1-SWAT」のフライトにチャレンジという訳です。

いそいそと箱を出してきて充電。

Lyko 7788

前回は気ばかり焦ってマニュアルを読むのもそこそこにフライトしてしまったので、今回はじっくりと読みますよ。

じっくり読むと、難しいと思っていた操作も、意外にシンプルなことに気付きます。

とはいえ、操作は一つずつステップアップするのが良さそうです。シンプルとはいえ、クルマでも飛行機でもないんですからね。動かすところはいろいろある訳です。

充電完了!

飛ばしまっせー!

スロットルが全開にならないように、30%とかで抑える機能があるので、まずはそれを利用します。

ゆっくりと、とにかくゆっくりと。

Lyko 7790

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!

慎重に、慎重に。

ふぅ。

無駄に緊張する。

でも、やっぱりゆっくり作戦は正解ですね。

では、スロットルの制限を解除して、少しずつホバリングしてみますかね‥‥。

Lyko 7791

と思ったら‥‥あれ? 浮上しない!?

特に設定とかはいじっていないのですが‥‥なぜだー。

何かいけないことがあったかなと思いサイトを見ていると「Lyko Inc修理(今ならご購入後6ヶ月は2回まで基本技術料無料で修理!!)」の文字を発見!

もちろんパーツ代は別途かかりますが、5,250円の基本料金がかからないのは嬉しいです。

えーと、経験上、初めての人は間違いなく壊すんじゃないかと思います。ぼくも初フライトでローターを交換しましたしね‥‥。このサービスは初心者には嬉しいなぁ。

しかも「破損時、部品交換がわずらわしい場合、フルセット定価の半額で丸ごと交換可能」なんていう、豪気なサービスもありますよ。

「でもパーツがお高いんでしょう?」という方もいるかもしれませんが、思っているよりリーズナブルだと思いますよ。

ということで、手元の「ID1-SWAT」は一度修理に送ってみることにしました。元気になって戻ってこいよー。

興味のある方はラジコンヘリコプター「ID1-SWAT」IgarashiDesignが空を飛ぶ!!もご覧ください。@LyKo_Incというツイッターアカウントもあります。