グーグル、独自携帯端末を投入かという記事より。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、米インターネット検索大手グーグルが独自に携帯電話端末を設計、来年にも販売を始める、と報じた。

ついに、Googleが開発する携帯電話が2010年にも発売されると伝えられています。Googleがコンシューマ向けのハードウェアを開発するのは初めてです。

グーグルは携帯向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」を開発、携帯メーカー向けに無償で提供しているが、新端末は一般ソフトも含めて新規開発する。

製造は台湾メーカーで、既に一部の従業員は実際に手にして試用しているみたいです。

Google携帯の名前はNexus One―ネットに情報氾濫中(写真多数)で、その写真を見ることができます。

市場投入時は、グーグルのブランドを前面に押し出して売り込む方針。ネットを通じた直販の形をとる。

日本での発売はどうなるでしょうね。ソフトウェア、ハードウェアの両方を作ると、AppleのiPhoneのように、双方がより親和性の高い製品になりそうです。

■関連記事

米グーグル、来年にも独自携帯端末を投入か

米国で急成長しているインターネット接続に軸足を置いた「スマートフォン」と呼ばれる高機能携帯分野で、ブランド力とソフト開発力を武器に攻勢をかける。同分野で先行する米電子機器大手アップルなどとの競争が激化しそうだ。