発熱事故で回収・交換となった「ポケパワー」の代替品が届きました。個人的にはクレイドルで充電するスタイルが気に入っていたのですが、果たしてどうなったでしょうか。

pokepower_090209958.JPG

送られてきたのは、

・ポケパワー「BQ-PP10」
・急速充電器「BQ-321」

という二つでした。

ポケパワー「BQ-PP10」のみでも充電が可能なのですが、USB経由のみとなります。

pokepower_090209959.JPG

そのため、電源コンセントからの充電をしたい人は、急速充電器「BQ-321」を使用することになります。

pokepower_090209961.JPG

個人的にはもともとポケパワーに魅力を感じていたのは、

・小さいサイズ
・クレイドルに挿して充電

という2点だったのですが、残念ながらどちも継承されていませんでした。クレイドルを電源コンセントに挿したままにしておき、必要に応じて充電というのが、本当に手間がなくて楽だったんですよね。

今時、パソコンのUSBだったり電源コンセントをUSBに変換するアダプタがあったりと、まあUSBでも不便は無くなってきているとは思うのですが、でもそういうことじゃなくて、本当にクレイドルスタイルは良かったのです。携帯電話の充電みたいなものですね。

さらにサイズも大きくなったので、持ち運んでもほとんど気にならない、という訳にもいきません。思い切って書いてしまうと、問題があったとはいえ、旧「ポケパワー」が手元から無くなってしまったのは残念でなりません。

「ポケパワー」とのサイズ比較により、あまり出番の無かったeneloop「KBC-L2S」だったのですが、ちょっと比較してみると‥‥

pokepower_090209962.JPG

pokepower_090209963.JPG

幅はあるけど、厚みの違いは大きいですね。持った感じが全然違います。

蓋には‥‥

pokepower_090209960.JPG

携帯電話用の充電ケーブルが入っているものの、だとしたらこの分、薄い方が良かったな‥‥とか。利用者は携帯電話の人がほとんどなのでしょうかね。

充電池の容量を見ると、

・eneloop「KBC-L2S」 5,000mAh
・ポケパワー「BQ-PP10」4,000mAh(2,000mAh x 2)

ということなので、携帯電話ではなく、ガジェット系の充電池と考えるとeneloop「KBC-L2S」の方が良さそうかな、と思いました。

追記:ポケパワー「BQ-PP10」では「iPhone」の充電ができませんでした。

Panasonic ポケパワー USBポート付モバイル電源 BQ-PP10K/F

Panasonic ポケパワー USBポート付モバイル電源 BQ-PP10K/F

Panasonic ニッケル水素電池専用急速充電器 BQ-321

Panasonic ニッケル水素電池専用急速充電器 BQ-321

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2S KBC-L2S

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2S KBC-L2S

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用リチウムイオン電池使用) KBC-L3S KBC-L3S

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用リチウムイオン電池使用) KBC-L3S KBC-L3S

■関連エントリー

「ポケパワー」発熱事故で回収・交換へ
USBモバイル電源「ポケパワー」をONEDARI!
「eneloop mobile booster」三兄弟をONEDARI