Palmから「Web OS」を搭載した、新しいスマートフォン「Palm Pre」が発表されています。

2009-01-12_0835.png

Palmってばどうなっちゃうの? と思っていたのですが、かなり魅力的なスマートフォンをリリースしてきたみたいです。

スタイルを見ると3.1インチの480x320ディスプレイに、やっぱりキーボードが必須なんですね。ストレージは8GB、GPS内蔵、LEDフラッシュつき300万画素カメラも搭載します。

速報:Palm、新プラットフォームPalm Web OS、新スマートフォン Palm Preを発表というエントリーによれば、

搭載されるPalm Web OSはまったく新しいPalmの独自OS。「Web OS」の名称はOSそのものがインターネット接続を前提にオンラインサービスと同期することから。

「Web OS」という、全く新しいOSが搭載されているということです。

そして、

preは旧Palmデバイスのグラフィティエリアのようにディスプレイ下のセンターボタン周囲までがタッチを認識するようになっており、下から画面に指をすべらせてランチャーを呼び出し・画面外にドラッグ・MacBookのマルチタッチパッドのようにスワイプしたりという操作が可能。

というあたりが、やはりPalmっぽいのですね。写真で見る限りは画面もとても美しい(デザインやアイコンも)ですし、元Palmユーザとしては一度、触ってみたい端末です。

Engadget Japaneseは、

あえて語弊のあるいいかたをすれば「正しい iPhone OS」

としています。

既にアメリカで実機を見ているっぽい、M谷店長@ビザビのレポートもどうぞ。

palm pre、実機を見てきました。

Androidを初めて触った時はiPhoneにプラスアルファって感じだったんですが、新Palm OSはさらに一歩進んだ感じ。直感的だしiPhoneにある「飽きさせない工夫」みたいなのが随所に見られました。画面の回転も、拡大の「くぱぁ」も高速でした。

「初回出荷は絶対に売れます。間違いない!」とM谷店長。