三洋電機、電動ハイブリッド自転車「エネループ バイク」発売を発表という記事より。

三洋電機<6764>は、業界初、人の力に対するモーターの力の比率(アシスト比率)最大1:2に対応し、走りながら発電し、充電ができる機能を搭載した電動ハイブリッド自転車「eneloop bike(エネループ バイク)」を2009年2月から発売することを発表した。価格は136,290円。

三洋電機が「エネループ」を冠した電動自転車「エネループバイク」を発表しました。発売は2009年2月で、価格は136,290円です。

我が家も電動自転車は重宝しております。子供を乗せて走るなんて、もう電動以外は考えられません! というくらい、便利でございます。

2008年12月1日の道路交通法施行規則の一部改正により、アシスト比率が最大で1:2まで可能となった。同社はこの新基準にいち早く対応し、「パワーアップモード」を搭載した今回の商品の発売を発表した。

さらに、これまでの電動自転車よりもパワーアップしているのだそうです。

まあパワーアップは嬉しいのですが、さらに良いと思うのがココ。

走行中の運動エネルギーの取り込みに着目して、「下り坂や減速時にモーターを発電機に切り替えて、発電、充電する」という創エネルギーサイクルを取り入れることで、軽量化と走行距離の延長を実現しているという。

そうそう!

走りはじめをアシストしてもらったら、後は自分の力で進んでいることが多いので、なんとかこのパワーを使えないものか、と思っていたのですが、きちんと充電をしてくれるそうです。

どこまでも行ってしまいそうです!