イー・モバイル、7.2Mbps対応のスマートフォン「Touch Diamond」という記事より。

Touch Diamondは、OSにWindows Mobile 6.1 Professional Editionを採用したスマートフォン。タッチパネル上で本体操作が可能な「TouchFLO」を機能強化した「TouchFLO 3D」を搭載し、タッチ操作による画面スクロールや拡大・縮小表示が可能。

イーモバイルが、新しいスマートフォンとなる「Touch Diamond」を発売することをアナウンスしています。

_press_2008_20080909-01.jpg

Windows Mobile 6.1 Professional Editionを採用し、タッチパネル操作が可能な「TouchFLO 3D」を搭載しています。

本体を左右に傾けると表示画面の自動回転も行える。日本語入力面では、タッチパネルからの手書き入力にも対応した。

「iPhone」ライクというとアレですが、より直感的に使えそうな印象です。

ぼくもW-ZEROシリーズや「EMONSTER」を使ってきましたが、素のWindows Mobileではなく、操作しやすくする“ガワ”を乗せるだけで、かなり使いやすくなると思っていました。

「iPhone」があるので購入はないですが「Touch Diamond」は触ってみたい端末ではありますね。興味はあります。

HSDPA通信は、下り最大7.2Mbps、上り最大384kbpsによる通信が可能。IEEE 802.11b/g準拠の無線LAN機能やBluetooth 2.0+EDR、GPS機能もサポートした。

機能的にも十分な感じ。

■関連記事

iPhone対抗の「Touch Diamond」、日本ではイー・モバイルから登場

イー・モバイルのWebサービス「EMnet」のほか、Gmailをはじめ様々なPCメールが使用可能。絵文字を利用したケータイ向けメールの送受信にも対応する。そのほか、AF付き有効約320万画素CMOSカメラ、GPS、Windows Media Player Mobileやオーディオプレーヤー、FMラジオ機能を搭載する。ボディカラーはブラックのみ。