トヨタ、パーソナル移動支援ロボット「Winglet」を開発という記事より。

トヨタ自動車は、人の活動をサポートする「トヨタ・パートナーロボット」の1つとして立ち乗り型のパーソナル移動支援ロボット「Winglet(ウイングレット)」を開発したと発表した。

トヨタが、立ち乗りするパーソナル移動支援ロボット「Winglet(ウィングレット)」を開発したことを発表しています。

「Winglet」は、センサーで姿勢を検出しながら安定した状態を作り、電動の二輪で移動するパーソナル移動支援ロボット。

まるで「セグウェイ」のようですが、関連はないとしています。

「セグウェイ」にはない特徴として、体重移動で旋回操作もできるそうで、両手放しの状態で操作ができるのだとか。

まるで觔斗雲?

高速度は6km、航続距離は5~10km、充電時間は1時間としている。

中部国際空港セントレア、複合型マリンリゾート施設ラグーナ蒲郡などで実証実験が行われるそうです。

けっこう乗ってみたいのですが、どこか近場で実験してくれないかしら。

■関連記事

トヨタ、電動2輪車を開発…お年寄りらの移動を支援

重量が10キロ前後でセグウェイと比べて軽く、簡単に持ち運べるのも特長。トヨタは、セグウェイとは知的所有権に関する問題は生じないとしている。