いま「DIME」を買うと、もれなくオリジナルモバイルスピーカーが付録でついてくるんですよ、知ってましたか?

R0013648.JPG

もちろん、ちゃんと音が出ます! これで500円だっていうんですから、もう買うしかない、と。

あまりのことに売り切れを心配したのですが、浦和パルコの紀伊国屋は平積みになっていました。

はやる気持ちを抑えて、箱を取り出します。

R0013650.JPG

カパッ。

R0013651.JPG

意外に大きいですね。

R0013652.JPG

正面から。いったい原価はいくらなんでしょうね‥‥。メイドインチャイナです。

早速「iPod touch」に取り付けてみます。

R0013654.JPG

「ステレオミニプラグ」で取り付けるのですが「iPod touch」だと、なかなか微妙な位置になります。平らなところに置いて使う分には、問題なさそうです。

実は個人的に気になっていたのは、既に持っている「Mini-iStereoDock」との比較だったのです。

並べてみました。

R0013655.JPG

うん、けっこう大きさに違いがありますね。

R0013656.JPG

厚みに関しては「Mini-iStereoDock」がやや厚い、という感じでしょうか。

音量操作は、

・Mini-iStereoDock 本体のボタンで
・DIMEオリジナルモバイルスピーカー 「iPod touch」で

となります。

最大音量はそんなに変わらないと思いますが、最小音量は「DIMEオリジナルモバイルスピーカー」が小さいです。

音質に関しては、

・Mini-iStereoDock シャカシャカした感じ
・DIMEオリジナルモバイルスピーカー こもった感じ

でした。

「DIMEオリジナルモバイルスピーカー」が「Mini-iStereoDock」よりも激しく出来が良かったどうしようと思ってたのですが(何しろ1,800円)、

・サイズが小さかった
・付けたまま立てたり横にしたりできる

というあたりがメリットとして感じられました。

_images_R0013749.jpg

どちらも共通で良いのは「電源を必要としない」というところですね。出番の少ないスピーカーだと思いますので、いちいちバッテリのことを心配する必要がないのは助かります。

持ち運び重視派であるならば、1,800円で「Mini-iStereoDock」を購入しても良いと思います。

とりあえず音が出れば派であれば「DIMEオリジナルモバイルスピーカー」も十分に機能します。

というか、500円の雑誌にモバイルスピーカーなんか付録で付けてしまっていいんですか(通常価格は350円です)。

間違いなく売れると思うのですが、どのくらいの部数がはけるんでしょうね‥‥。この企画、素晴らしいです!

↓Amazonに「DIME」の在庫があります。

DIME (ダイム) 2008年 3/18号 [雑誌]

DIME (ダイム) 2008年 3/18号 [雑誌]

キュートなレゴブロック型 iPod用スピーカー

追記:「iPod touch」レポートのまとめもぜひご覧ください(その他のレポートもあります)。

Apple Store(Japan)