Eye-Fi,Updateと購入の方法まとめ」を読んでいたら、どうも「Eye-Fi」はiPhotoにも写真が転送できるらしい?

Eyefi1

「Eye-Fi」はSDメモリカードに、WiFIで画像を転送する機能を搭載したもの。

WiFi環境下にあれば、撮影したそばからFlickrなどのフォトサービスに写真が転送できるとして話題になっていました。

ただ、ぼくもFlickrは使っているものの、写真の管理はあくまでもローカルで行いたいので、これまでは横目で見ているだけでした。

が!

「いい感じ」曰く、

最高にうれしかったのは、私のようなMacユーザの場合、直接、iPhotoに写真をダウンロードしてくれる機能がついたこと。

だというじゃありませんか!

これはヤバイ!

家に帰ってEye-Fi Managerを立ちあげると自動的にiPhotoにDownLoad。WireFree!。これは便利。

ひぃぃぃ、これは便利すぎるんではないでしょうか?

デジカメをUSBケーブルでMacと接続したり、カードリーダにSDメモリカードを挿したり、本当にちょっとの手間なんですが、それが面倒だったりします。

撮っているそばからアップロードされる機能というよりは、既存のデジカメをWiFi対応にしてPCに写真転送できるというのに非常に魅力を感じました。

Xactiはどうなんでしょう? とkwmrさん@いい感じにSkypeで聞いたところ、転送されるのはJPEGのみなのだそうです。つまりRAWも転送されません。

ただし、残念ながら「Eye-Fi」は日本国内では未発売です。海外でもまだオンラインストアのみでの販売のようです。

日本から購入する場合の方法も「いい感じ: Eye-Fi,Updateと購入の方法まとめ」でまとめられているので、興味のある人は確認してみてください。

ということで、ぼくも購入してレポートしたいと思います。

■関連記事

小さいながらも大きな感動!Eye-Fiカード

この製品でさらにすごいのは、どこか他のもっと平凡な会社が、この製品を思いつき開発したら、例えば設定用のWebブラウザの画面も、ただID登録フィールド、パスワードのフィールドがズラっと並んだ、見栄えも使い勝手も悪いページになっていたと思うし、画像転送中のアニメーション表示もなかっただろう。