トーキョードリフトの忘年会で見た「One Laptop per Child(OLPC)」は、「Give One Get One」というプロジェクトを通じて入手することが可能です。

R0012855

これは一人で2台分の料金を支払い、1台は発展途上国の子供たちに寄付、もう1台が手元に届くというシステムです。

Laptopgiving1

サイトには「Donate」と書かれているので、購入するのではなく、あくまでも寄付ということのようです。

他にも寄付の方法として、

Simply give
Give many

がありました。

自分の手元に1台欲しい人は「Give One Get One」を選ぶことになります。

From now through December 31, 2007, OLPC is offering a Give One Get One program in the United States and Canada.

期間は2007年12月31日までで、アメリカまたはカナダからの申し込みとなります。

日本から入手したい場合は現地の知人に頼むか、輸入代行のような仕組みを使う必要があるのでしょうか。オーダーページはコチラです。

日本語の読み書きができるといいな、と思ったのですが、日本語化も可能のようです。

How to use Japanese on OLPC XO-1

OLPC XO-1の日本語化で私がやったことについてとりあえずまとめてみました。

[OLPC] - korakuriderの日記もいろいろ参考になりそうです。英語ですが「The OLPC Wiki - OLPC」というWikiもありました。