米Amazon.com、電子ブックリーダー「Kindle」を発売開始という記事より。

米Amazon.comは11月19日 (現地時間)、電子ブックリーダー「Kindle」の発売を開始した。

Amazonから電子ブックリーダー「Kindle」が発売されました。価格は399ドルです。

携帯電話で使われている高速データ通信のEV-DOを採用し、オンラインストア「Kindle Store」からダイレクトに書籍などを購入することができるのだそうです。

面白いけど、399ドルというのはまだちょっとお高めでしょうか。

New York Times Best Sellers や新作は、ほとんどが9.99ドルで販売されており、Kendleユーザーは第1章を無料で試読した上で購入を決められる。

試し読みが手元でできるというのは良いかも‥‥ますます書店に行かなくなってしまいそうですが。

あ、でも、新聞が読める、ブログが購読できるというのは、けっこう面白い端末な気もしてきましたよ。検索とかできれば便利そうだし。

Kindle本体のサイズは7.5" x 5.3" x 0.7"(19.1×13.5×1.8センチ)で、重量は10.3オンス(約292グラム)。

ディスプレイに電子ペーパー技術「E-Ink」を採用しているそうです。

Amazon Kindle1

こうして見ると、まだちょっと大きいかな‥‥。

米Amazon.com、携帯電話内蔵の電子ブックリーダー「Kindle」を発売によると、

携帯電話がつながる米国主要都市部であれば、ビルの中や電車の中など、どこであれ電子書籍を購入できる。

ということで、さらに通信費用もAmazonが負担するのだとか。すごいですね。

電子ブックリーダーも、どこでも使えるネットワーク機能が付加されると、なんだかとてつもなくイメージが変わっちゃいますね。

■関連記事

「ペーパーバックより軽い」:アマゾン、電子ブックリーダ「Kindle」発表

電池は数日から1週間持続すると述べた。充電器により電池は2時間ほどで充電可能であるという。