富士通、重量約580gの超小型PC「LIFEBOOK U」という記事より。

本体サイズ171×133×26.5~32mm(幅×奥行き×高さ)、重量約580gと、Windows PCとして世界最小を謳う小型ノートPC。

富士通から世界最小・最軽量を謳う小型ノートPC「LIFEBOOK U」が発表されました。

 Jp News 2007 05 16Cl

液晶はタッチパネルで回転が可能、縦型表示もできるそうです。キーボードも両手持ち入力/タッチタイプのどちらでも入力が容易というこだわりです。

一例として、メモリ512MB、HDD 20GB、無線LANなし、Windows XP、標準バッテリの最小構成で、受注価格は151,200円。

間違いなくメモりもハードディスクも増やして、無線LANも搭載したいですね。OSはWindows XPで良いですが。

気になる駆動時間ですが、Windows XPで約4時間、別売りのバッテリパックを利用して約8時間だそうです。

インターフェイスはUSB 2.0×1、CFスロット、SDカードスロット、指紋センサー、音声入出力、TCG Ver1.2セキュリティチップを備える。

イー・モバイルのCFタイプのカードを使用したら完璧な気がしますね‥‥。

そういう売り方はしないとは思いますが、これって移動するブロガー向けの端末の気がします。写真を撮影してすぐに取り込んでブログにアップ!

使ってみたいけど、自分の欲しいスペックにすると

「LOOX」の方が使い勝手がいいんじゃないかという気もするし、MacBookを持ち歩けているからそれでもいいんじゃないかという気もする。そういう意味では悩ましいマシンですね。

■関連記事

富士通、世界最小・超軽量のノートPC「Uシリーズ」発売

デスクワーク時にはノートPCとして、プレゼン時などにはペン入力のタブレット型として用途に応じて使い分けができるほか、キーボードには暗い所でも入力できるように、キーボードライトを装備する。

「LIFEBOOK Uはユビキタスワールドの第1弾」~富士通フォーラム 2007で最新のプロダクトをアピール

LIFEBOOK Uは、世界最小のコンバーチブル型PCを謳うUMPC。1,024×600ドット(WSVGA)表示対応5.6型ワイド液晶の筐体に、IntelのUMPC向けプラットフォーム「Ultra Mobile Platform 2007(コードネーム:McCaslin)」を搭載する。