今度は「ソーラー充電器」と「使い捨てないカイロ」、三洋「eneloop」という記事より。

三洋電機は10月31日、「eneloop」ブランドを冠したロハス商品群「eneloop universe」(エネループ・ユニバース)の第1弾商品として、ソーラー充電器「N-SC1S」と充電式カイロ「KIR-S1S」を発表した。

いいですね〜、三洋。ぼくはICレコーダーとデジカメを使っていて、いつの間にか三洋ユーザになってましたよ。

「N-SC1S」は、太陽光で発電してeneloopに充電するソーラーチャージャー。ピラミッド型の筐体にHIT太陽電池パネルと円筒形リチウムイオン電池3本を内蔵。

チウムイオン電池に充電したものを、「eneloop(ニッケル水素充電池)」に急速充電できるのだそうです。USB端子から電力を供給できるのもユニークです。

「KIR-S1S」は、リチウムイオン充電池を内蔵した「使い捨てないカイロ」。付属のACアダプタを使って充電することで、約500回利用できる。

マウスみたいな形状です。強弱スイッチで温度を調節したり、使いたい時だけ使えるというのがグッドです。サイズは「62(幅)×84(長さ)×19(厚さ)ミリ」です。

ササッと振るだけで暖まる使い捨てカイロも便利ですが、温度調節できるというところに魅力を感じる人もいるのではないでしょうか。