「mylo 日本語版」登場というエントリーで、どうもWiFiしか搭載されていないのはイケてないんじゃないか風なことを書いたのですが、渋谷のマクドナルドでモバイルして少し考えを改めました。

夕方だったんですけど、仕事帰りのOLさんとか学校帰りの女子高生とか、いっぱいいるんですよ。夕食代わりに食べながら雑誌を読んだり、試験勉強をしながらそれなりの時間を過ごしている訳です。

とか考えると、ここに「mylo」があってもいいのかな、と思いました。WiFiなのでmixiにも快適アクセス。勉強で分からないことをちょっとググったり。別のホットスポットにいる友達とSkypeでチャットしたり。

デザインもかわいいし、悪くないな、と思いました。

ということで、ソニーと「BBモバイルポイント」とmixiが、ガッチリ手を組むというのはいかがでしょうか。mixiモデルは専用アイコンがある、と。ワンタッチでログインですよ。mixiのアカウントとSkypeアカウントが共通になるとなお良いですね。

「BBモバイルポイント」のアクセスポイントも、ただいま全国で2,600箇所で、飲食店公共施設とかありますが、飲食店はなかなか良い具合ですよ。駅や公共施設でも、さらに数を増やしていけば、ホットスポットを渡り歩いていくというのも悪くないかも。

で、問題は料金とか価格ですよね。Yahoo! BB会員は「BBモバイルポイント」を月額304円で利用できるのですが、これを「mylo」ユーザだったら、「BBモバイルポイント」だけで500円くらいで利用できるようにするとか。いっそのことmixiがISPになっちゃどうだろう。

そして本体価格の45,000円ですが、これは女子高生が買うには少し高いような気もするのですが、いかがなものなのでしょうか。本気で欲しかったら買うと思うけど。あ、学割ね。学割ですよ。学生証を提示すると本人確認して一人1台購入できると(ヤフオク対策は必要ですが)。

あとは量販店の店頭で、携帯電話で撮影した写真を「mylo」に転送するサービスとかどうでしょうか。ブログの感じからしても、若い女性がターゲットなんじゃないかな、という気もしています。

ソニー、新しい小型コミュニケーション端末「mylo」を公開によると、

Skypeで音声通話を行なう場合、ヘッドセットを接続して利用することも可能だが、マイクとスピーカーが内蔵されているのでmylo単体で通話機器として利用することもできる。

ということなので、マクドナルドだったら、女子高生は電話代がタダじゃん! とか。

さらに「購入後通信料金を必要としない。それを含めて考えると、決して高額ではないのではないか」とも。確かに、そう言われるとそうです。が、携帯電話に買い増しする訳ですからね。そのあたりをどう捉えるか、でしょう。

とかですね、なんだかいけそうな気がしてきた訳です。机の前で想像しているだけじゃダメですね。事件は現場で起きてました。

Sony Style(ソニースタイル)

■関連記事

ソニー、キーボード付き無線LAN端末「mylo」を国内販売

製品名の「mylo」は“My Life Online”に由来。インターネット経由でのコミュニケーションを実現する製品として名付けられたという。筐体には320×240ドット(QVGA)表示対応の2.4型液晶と、スライド式のQWERTYキーボードを装備する。

Skypeも音楽も楽しめる!ソニー、フルキーボード搭載端末「mylo」が日本でも登場

日本版独自の機能としては、音楽コミュニティサービス「PLAYLOG」との連携に対応。自分がmyloで再生した音楽の履歴を、ワイヤレスLANを通じてサイトにダイレクトにアップできるほか、自分の日記に書き込みがあった場合、myloの本体が光って知らせてくれる機能もある。