SCEJ、PS3の20GBモデルを49,980円に価格改定。HDMIも標準搭載という記事より。

「プレイステーション 3」のうち、HDD容量が20GBのモデルの価格改定を行なうと発表した。当初予定の62,790円から、49,980円と5万円を切る価格に値下げとなった。

随分と大幅値下げですね。やはり「Wii」が25,000円というのが大きく影響しているのでしょうか。しかもHDMI端子も標準搭載になるみたいです。

個人的にはゲームはあまりやらないので(やっても非常にライトな感じ)、しかもPCチックな感じで「PS3」が出てくるとなると、さらにまた用途に困ってしまうというか、そういう意味では任天堂「Wii」の"rest of us"な戦略の方がぼくに合っているかもしれません。

さすがに2台は購入できないので、とりあえずは「Wii」な感じでしょうか。

PLAYSTATION 3 49,980円が意味するSCEの戦略転換で詳しく分析されていますので、興味のある方はぜひ。

簡単に言えば、高価格路線のこれまでのPS3は、ゲーム機というよりコンピュータという位置付けだったが、新価格ではゲーム機の色彩がぐっと強くなった。つまり、コンピュータ寄りからゲーム機寄りへと、もう一度位置付けが戻されたように見える。

プレイステーション 3(HDD 20GB)(仮称)

プレイステーション 3(HDD 20GB)(仮称)

■関連記事

PS3、4万9980円に値下げ

HDMI端子は、従来は上位モデル(60GバイトHDD搭載、オープン価格)だけに搭載する予定だった。

プレイステーション3は4万9980円で発売に-全機種HDMI搭載へ

昨今のフルHDフラットディスプレイにおける市場の席巻、デジタルサウンドに対する需要の高まりなどから、全機種へのHDMI端子の搭載を決定した。

SCEI、「プレイステーション 3」20GBモデルの価格を5万円以下に値下げ

価格変更の理由としては、ドル建て(499米ドル)で価格を決定し、それを日本円に換算する形で当初の価格を案内していたが、日本の消費者から見た場合、消費税込みで6万円を超えるという数字に割高感が強かったためとしている。

プレイステーション 3 20GBモデルにもHDMIを搭載。5万円を切る価格で発売—久夛良木氏

いままでの10年に起こったことより、これからの10年の方がはるかにおもしろく、刺激的でダイナミック。コンピュータエンタテインメント産業が率先してネットワークコンピューティングをリードしていく。