ソニー、ロケーションフリー向けの無線LAN機能を搭載した液晶モニタという記事より。

LF-12MT1は、タッチパネルを採用した最大800×600ピクセルの表示が可能な12.1V型の液晶モニタ。連携可能なベースステーションは現在発売中の「LF-PK1」に加え、10月20日に発売を予定する「LF-PK20」の2製品。

ソニーが、ロケーションフリーシリーズの新製品として、ベースステーションの映像を無線LANで受信することができる液晶モニタ「LF-12MT1」を発表しています。

再生可能なフォーマットはMPEG-2/4で、電波干渉を低減するという「通信優先モード」をサポートする。本体入出力端子には、メモリースティックスロット、LAN、ヘッドフォン、USB、学習リモコン受光部、DC IN、AV INを1系統ずつ搭載した。

家の中で使われているニーズに応えるものだと思うのですが‥‥うーん、これはいいなぁ。でもいいんだけど、高いなぁ。

もっと機能は削ってしまって、本当にテレビを見るだけでいいので、3〜5万円で購入できたら思わず買ってしまうだろうなぁ。

バッテリ駆動時間は最大約4時間、重量は約2.3kgだそう。

ロケーションフリー液晶モニター新製品LF-12MT1 予約受付中・クレジットカードOK

ロケーションフリー液晶モニター新製品LF-12MT1 予約受付中・クレジットカードOK

LF-12MT1用クレードル LFA-C1/B 予約受付中・クレジットカードOK

LF-12MT1用クレードル LFA-C1/B 予約受付中・クレジットカードOK

LF-12MT1用バッテリーパック BP-LX11A 予約受付中・クレジットカードOK

LF-12MT1用バッテリーパック BP-LX11A 予約受付中・クレジットカードOK

LF-12MT1専用お風呂ジャケット LFA-F2 予約受付中・クレジットカードOK

LF-12MT1専用お風呂ジャケット LFA-F2 予約受付中・クレジットカードOK

■関連記事

ソニー、12.1インチのロケフリモニターを発売

無線LANはIEEE 802.11a/b/gのデュアルバンド対応。屋内で約30メートルの通信が可能だ。