ソニー、ロケーションフリー新モデルを発表。TVボックスも製品化という記事より。

ソニーは、外出先から自宅のテレビやHDDレコーダの映像が視聴できる「ロケーションフリー」のベースステーション新モデル「LF-PK20」を10月27日に発売する。また、10月27日にはテレビをロケーションフリーのクライアントとして利用できる「ロケーションフリー TVボックス(LF-BOX1)」を発売する。

新しいベースステーション「LF-PK20」と、テレビをクライアントにできる「ロケーションフリー TVボックス(LF-BOX1)」が発売されるそうです。

共に2006年10月27日発売予定で、価格はぞれぞれ33,000円、23,000円程度が予想されています。

・動画圧縮にMPEG-4 AVC(H.264)を採用し高画質化
・ベースステーションの初期設定を2ステップで完了するセットアップ機能

といった機能強化が図られています。セットアップが簡単になるのは良いですね。

テレビがロケーションフリーに対応する「ロケーションフリー TVボックス(LF-BOX1)」は、PCはないけどテレビは見られちゃうという製品ですね。HDDレコーダーを共有したりできると。

PC、PSPだけでなく普通のテレビにも対応することで、より需要を取り込めるということに期待しているのでしょう。

それを裏付けるデータがこちら。

ロケーションフリーを利用したい用途では、家庭内での利用ニーズが50%近いというデータも紹介。端末もデスクトップPCやノートPC以外にプライベートなテレビで見たいというニーズが60%以上存在

なるほど。家庭内でのニーズがけっこう高いことが分かります。

そういえば、Mac版のロケーションフリープレーヤーってどうなっているのでしょうか? 加賀電子のサイトを見ると‥‥ひっそりと発売開始されていたようです。

ネタフルでのロケーションフリー関連記事はコチラです。けっこういろいろレポートしています。

■関連記事

ソニー、MPEG-4 AVC採用の新「ロケーションフリー」発売

ロケーションフリーベースパック「LF-PK1」の上位モデルとなる製品で、新たに動画送信コーデックとしてMPEG-4 AVC/MEPG-2をサポートし、従来以上の高画質化を実現した。