MSのiPod対抗プレーヤーは「Zune」ブランドで登場という記事より。

米Microsoftは「Zune」という音楽/エンターテインメントの新プロジェクトに取り組んでおり、年内にハードとソフトをリリースする計画だ。同社が7月21日に明らかにした。

MicrosoftがiPod対抗として開発しているデバイスは「Zune」というそうです。なんでも村上ショージに開発協力をお願いしているんだとか。

ドゥーン!

■関連記事

MSのiPodキラーは「Zune」、米誌とのインタビューで明らかに

Zuneは「多様なデジタルエンターテインメントサービスをターゲットにした"ハードウエアとソフトウエアの製品ファミリー"」のブランドだという。

ZuneはiTunes/iPodの脅威となり得るか?

Zune製品では、Appleの現行デバイスとは異なり、短距離無線規格のWi-Fi機能が搭載され、ユーザーがインターネット上やほかのデバイスにある音楽にアクセスできるようになる、とMicrosoftは話している。

米Microsoft、無線LAN機能を搭載したポータブルプレーヤー「Zune」

第1弾として発売されるポータブルプレーヤーは、楽曲や動画の再生機能に加えて無線LAN機能を搭載。端末から楽曲配信サイトへ直接アクセスして楽曲を購入できるといった機能を予定しているという。

Zuneにゲーム機能は搭載される?-MSの発表後もゲームサイトの期待感はやまず

「具体的な情報は提供できない。Zuneでまず狙っていることは、音楽とエンターテインメントにおける最高のエクスペリエンスをユーザーに届けることだ」