シャープ、フルキーボード搭載PDA「PV200」を北米で発売という記事より。

2.6型の半透過型TFT液晶とQWERTY方式フルキーボード、1.3Mピクセルカメラ、miniSDカードスロットを備える。Java Scriptに対応したフルブラウザを搭載し、AOL、YAHOO!、MSNのチャット機能を利用できることに加え、MP3ファイル対応ミュージックプレーヤー機能、メール、アドレス帳、スケジュール、着メロ、ゲームなども利用できる。

シャープが北米向けに開発した「PV200」という端末ですが、チャットやウェブブラウズができる、フルキーボードを搭載したスマートフォンになっています。

「米の若年層ではチャット文化が広く浸透し、いつでもどこでもチャットしたいというニーズが高まっている」らしいです。日本ではメール文化なので、このあたりが若い世代にスマートフォンが必要かどうか、というポイントなのかもしれませんね。

「携帯情報端末「ザウルス」のPDA設計と開発技術に、携帯電話の通信技術を融合させて実現した」ということなので、ソフトバンクがスマートフォンを投入するとなると、これと似たよう製品になるかもしれませんね。