SCEI、PS3を11月11日に発売。HDDを標準搭載で20GBモデルは62,790円という記事より。

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)は、次世代ゲーム機「プレイステーション 3(PS3)」を11月11日に日本国内で発売すると発表した。HDDを標準搭載し、価格は20GBモデルが62,790円、60GBモデルがオープンプライス。

「プレイステーション 3」の発売日、価格が発表になりました。価格は62,790円です。決して安くはないですね。安くはないので、どんなゲームができるのか、何ができるのか、というあたりが非常に重要になりそうです。

ということで、関連記事もかなりあがっています。

■関連記事

SCEI、「プレイステーション 3」11月11日発売。価格は62,790円!! コントローラも発表

本体色はクリアブラックで、これまでモックアップなどでメインで展示されてきたシルバーではなく、PS2と同じくブラックモデルからスタートすることになる。また、注目されるのは静音性で、リリースでは「家庭内での使用が中心となることから、廃熱・静音対策を徹底的に追求することにより、現在のPS2並みの静粛性を確保しました」としている。

PS3の価格は62,790円、専用コントローラも発表 - SCEAブリーフィング

生産計画はローンチ期間に200万台、年末までに400万台、2007年第1四半期終了時点までに600万台となっている。

PS3は5万9800円で11月11日に登場-20GバイトHDDを標準搭載

コントローラはBluetooth対応で、ネットワークを介して外部からPS3にアクセスすることもできる。6軸検出システムを搭載し、動きや傾きを感知する。

「PS3は買ったその日から進化する」、久多良木氏

展示会の会期中,毎日,ゲームのデータをFTPでアップデートできる。これは,アーケード・ゲームを開発している人には当たり前の発想だが,コンシューマ相手のゲーム開発者はどうしても「パッケージ」にこだわってしまう。これからはコンシューマ向けのゲームも,ネットワークを使った発想に変わっていくことでしょう。

【レポート】E3 2006 - PS3発売までの道のりを示したSCE、ゲームデモ披露で不安払拭!? (1) PS3タイトルのデモンストレーションを次々に披露

サービス面では、PS3からSCEが提供するネットワーク・サービスを利用できるようになる。アカウントやプレイヤーのプロフィール管理、友だちリスト、ランキング、ビデオチャット、ボイス/テキスト・メッセージなどのコミュニティ・サービスをSCEが無料で提供する。

Sony Computer Entertainment America E3 Press Conference 開催 PS3の本体価格、コントローラーが正式発表される

今回の実演ではプレイステーションのエミュレーターとナムコのPSタイトル「リッジレーサー」のデータが入ったメモリースティックをPSPに差し、PSPメニューのメモリースティックから「プレイステーション」のエミュレーターを起動させていた。

後藤弘茂のWeekly海外ニュース PS3、“59,800円”の意味

しかし、HDDはゲームコンソールのコストにとっては鬼門だ。HDDを標準搭載にしてしまうと、ハードのライフサイクルを通してのコストをアップしてしまうからだ。半導体チップは、微細化と統合化で劇的にコストを下げることができる。ところが、機械部品であるHDDはどこまで行っても一定以下にコストが下がらない。