シャープ、6GB HDD内蔵ザウルス「SL-C3200」がリリースです。

HDD容量がSL-C3100の4GBから6GBに増えたほか、新TOEICテストに対応した英語コンテンツ「ジーニアス14日集中コース TOEIC TEST 470点/600点/730点」、英文音声読み上げソフト「Text To Speech」、NOVAのデジタル版英会話レッスン「NOVA CITY」、リスニング問題を収録したTOEIC学習ソフト「TOEIC TEST 奪取 470/650/730」などを収録し、英語コンテンツを充実させた。

英語関連のコンテンツって、けっこうキラーコンテンツみたいですね。自分では使わないのでよく分からないのですが。

カノープス製動画ファイル変換ソフト「かんたん換太郎 for ZAURUS」(別売)に対応し、MPEG-1/2/4/WMV/DivX/AVI形式の動画を変換しザウルス上で再生できる。

ああ、これは重要かも。ぼくも「W-ZERO3」ではかなりの頻度で録画したビデオは見ています。そのお陰で、HDDレコーダーで貯まりに貯まっていたコンテンツはほぼ消費できるくらいです。ここ数ヶ月でかなーり見ましたね。

価格は75,000円前後とのこと。ハードディスクの容量以外はSL-C3100とほぼ同等とのこと。

「W-ZERO3」とはまた違ったニーズを救い上げているのでしょう。個人的には通信第一なので、やはり通信モジュールも一体になっている「W-ZERO3」はやめられませんが。

【2006年3月17日発売】SHARP パーソナルモバイルツール「Zaurus」 SL-C3200【ご予約頂いた方にB...

【2006年3月17日発売】SHARP パーソナルモバイルツール「Zaurus」 SL-C3200【ご予約頂いた方にB...

■関連記事

シャープ、6GB HDD搭載の「ザウルス SL-C3200」

CPUはIntel XScale PXA270 416MHzで、OSはLineo uLinux。内蔵メモリは128MBのFlash ROMと64MBのRAM。HDD容量は約6GBだが、出荷時空き容量は約4.5GBで、ユーザーエリアとして最大5.9GB利用できる。