【2006 International CES】ソニー、ロケーションフリー対応の携帯電話を展示という記事より。

会場では、すでに発売済みのロケーションフリーベースステーション「LF-PK1」のクライアント端末として動作する例として、英Sony Ericsson Mobile Communications製のW-CDMAおよびGSMに対応した欧州市場向け携帯電話端末「P990」の試作機が展示されていた。

ぬおー、ロケーションフリー対応の携帯電話がCESで展示されているそうです!

200~300kbps程度の通信速度があればそれなりに見られると思いますので(推奨は350kbps)、それが確保されて携帯電話でロケーションフリーが見られるようになれば、まさにいつでもどこでも自宅テレビが楽しめる環境に。

ソニーは4日付け(米国時間)のリリースで、携帯電話やPDA、携帯ミュージックプレーヤーなどのモバイル機器でロケーションフリーを利用可能にするSDKを、2006年中に開発者向けに提供すると発表している。

もしや、Windows Mobile対応のソフトウェアも登場するのでは? という淡い期待も。そうなると、PSPが必要なくなり、自分のやりたいこと全てが「W-ZERO3」でまかなえるようになってしまいます。

■関連記事

ソニーのロケーションフリーが携帯電話にも対応-夏に米国で発売へ

今回ソニーが披露した試作機はソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製で、無線LANと第3世代携帯電話のネットワークに対応する。2.8インチのQVGAタッチパネルを搭載したハイエンドモデルだ。