Wi-Fi蚊取り機が裏庭にやってくる日-あるバイオ技術企業が始めた駆虫ビジネスという記事より。

American Biophysicsの新CEOであるDevin Hoseaによると、同社では米国家庭の裏庭から刺咬性昆虫を駆除する「Mosquito Magnet」というシステムを販売し、堅調な売上を上げているという。

マグネットが二酸化炭素と水分を含む体臭に似た臭いを発散し、蚊を吸い寄せ取り込み、窒息させるシステムだそうです。

2006年第1四半期中には、マグネットを集めて大きなフェンス状にしたものを管理する先進的なソフトウェアを完成させ、802.11b無線技術を用いて中央ネットワークと通信できるようにしたいと、AmBioの幹部は期待している。

なんとなくまだ家庭用ではなさそうですね。でも欲しいなぁ。

WiFiで接続できて、ちょっとしたウェブサーバ機能を持っていて、バッテリーの残量を確認したり捉えた蚊の数を検出したり(やはり夕方が多いとか)、なんかそんな蚊とりシステムが庭に合ったら凄いな。